Search this site
<< 無事帰国 | TOP | 心の平穏 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
つれづれ

帰国して半年が経っていた。

 

のらりくらりと、日本を満喫している。

 

というか、あのアフリカでの日々が夢だったんじゃないかという気さえする。

 

たまにfacebookのメッセージで呼ばれる自分のアフリカでの呼び名や、フランス語学力が

辛うじて赤茶の大地を思い出させてくれる。

 

東京で一緒に仕事をしていた仲間が変わらず頑張っている姿を電波を通して目の当たりにする。

 

焦っていることは全くない。

 

むしろ、この緩い幸せと四季をずっと感じていた、くらい呑気に考えている。

 

 

 

九州かアフリカか。

 

 

なんだか、はっきりしたことだけ書くと

自然環境や仕事環境、将来落ち着く住環境。

 

このあたりが頭の中を巡る。

 

 

と、同時に、またあの大地へ行くことも捨てきれない。

 

 

30代に入り、これからは自分の意志だけで生きていこうなんて思えない。

 

 

ある映画のセリフに「人生は他者だ。」があった。正確にはメモだけれど。

 

心に刺さった。

 

自分は他人。他人は自分。

 

縁や人の言葉で、自分は流されていたい。

 

もちろん、自分の意志や希望もあるけれども。

 

 

日本経済の力学に負けないように。

 

 

20代は仕事に誠実だったけど、人には誠実ではなかった。

 

30代はその逆にしたい。

 

 

心は誰だって自由だ。

 

 

 

posted by unclejohn | 00:47 | 日常 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:47 | - | - | - |
コメント
コメントする