Search this site
<< たまには | TOP | 無事帰国 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
2016
2016年になり、早いもので1月下旬。

テロが起きた。

外国人狙い、18国籍、30人が亡くなった。




残り2か月を切った。

帰国日も決まった。

やる気が俄然落ちている。

体調も悪い。




次、どこで働くか、という難題がまだ手付かず。

会話の質について考える。

地方での会話。

東京では、テレビの仕事はいろんな場所にいけた、とは思う。

がしかし、犠牲にしたものは多い。

高画質なんて興味もないし、メディア批判にうなづくことも多々有る。

今後は、少しこの世界から一歩離れたところで働きたいなぁ。

自分の興味にあったテーマを取り上げるスカパーの番組があった。

食べ物や、オウム心理教(森達也氏)、エログロ、おっぱい、などなど。

テレビっていろんな人が関われる分、住み分けに苦労する。

でも、テレビでも映像でもメッセージに込められているものは、
真実を伝えるのではなく作り手の解釈。

意外としたかったことって、テレビじゃなかったのかもしれない。

じゃあなんだ?



オシムが出演しているCMでいいフレーズがあった。

「恐れることを、恐れるな。進め。」

自分を奮い立たせるときに、ぜひ。




この残り2ヶ月。

自分の時間・自分の努力をどこに向けるか、集中するか。

僕は今まで人生逆張りで生きてきた気がする。

5年後、10年後、想像できない生き方がしてみたい、なんてことを思って生きてきた。

今まで憧れた人は、アーティストや新しい生き方の人や外れた人、家族を大事にする人。

そこを目指したいというより、その要素を加えて自分なりのハイブリッドをしたい。

ファンキーな人生。




どこかこの国の人を馬鹿にしている節がある。

僕に限ったことではないし、国際協力に携わる人も例外ではない。

この業界の罪なところは、善人ぶっているところ。

もう少しビジネスライクであってもいい。




ライフルを試し打ち。

お値段なんて、約2000円(10発)。

自分の身は自分で守るなんてことはどうでもいいけど、こんなに簡単に銃を撃てるし触れる。




大学時代、僕が勉強を教えていた児童施設の子からの連絡。

大学の後輩たちがその園の子達とイベントを開催してたり。日々交流がしているらしい。

園長が僕の家庭教師的な活動を評価してくれてたことがきっかけだったとのこと。

10年経った今聞いて、素直に嬉しい。



今年は、帰国やたぶん転職・移住などなど人生第二ステージへの大事な一年。

健康・安全、第一に頑張っていこう。

posted by unclejohn | 07:42 | JOCV | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 07:42 | - | - | - |
コメント
コメントする