Search this site
わかってきた
ここ最近になって
僕らはどれだけ人と仲良くても、女の子を恋いこがれても
ひとつにはなれないんだなぁ、ということがわかってきた。

いつになっても、いつまでたっても
人は孤独なんだということを。

土曜日の夜にこんなことを
わざわざ27歳男子が書いて公表しなくても
とは思うけど。

それは結婚や子どもで解消されるんかな。
ないやろなーと。

けど、わかってからというもの
とても楽になった。

人の頭の中は覗けないし
他人の頭とシンクロなんかできやしない。

当たり前だけど、それがわかったことで、
自分だけが孤独じゃないんだなと、
そもそも人ってのは
完全に考えや思いを共有できない時点でひとりで
寂しい気持ちを持ってしまう生き物だと。

これが普通だと少しわかったことが
最近の成長。

posted by unclejohn | 22:10 | | comments(3) | - |
向き合うこと
仕事のせいにしたくもないし
人のせいにもしたくはない。

人と向き合うということから
避けてきた。

向き合うと踏み込むし踏み込まれる。

向き合われるのが怖い。

それがこの2本の足よりも
僕をヒトとしての証のように思えるのに。

その関係になるには、生涯で何人かだろう。。

親父とは向き合ってない。

母親はギリギリ向き合っている。

他界したじいちゃんとは、向き合えた。

ほんと、この断言できるのが
僕が今立っていられる拠り所のよう。


土曜日午後の微睡みの中。
posted by unclejohn | 13:34 | | comments(0) | - |
僕の部屋から見える寒緋桜。

満開の時期を迎えたようです。

頭を垂れ

お天道様に向って花を見せるのではなく

僕らに花を見せてくれます。


4〜5月には実がなるんです。

この木とも4年目を迎えようとしています。

posted by unclejohn | 10:42 | | comments(0) | - |
無いという有る
地方にいったときに
しずかな旅館に泊まると
夜中は決まって
ツーンという無音からの騒音が
僕の聴覚を刺激する

普段は
車の音や乳飲み子の鳴き声や
パソコンからの音楽だったり
いろんな音に自分を
自覚させられる

無感覚という感覚は
不安や恐怖がこみ上げてくる

抗うにも
自分の咳や携帯をいじる音
布団をカサカサさせるほどの音で
いつもの音にはかなわない

ずっと前に人の感覚を刺激しない体勢を
とると人がどうなるかという実験を
聞いた覚えがある。
その実験は
触覚を紙で多い
無臭にした空間で目隠しをし光の届かない
実験だったように思う
他の感覚も刺激のない方法を用いていた
と思う(たぶん)

試験者は不安や恐怖に堪えきれず
数日で根をあげるのらしいのだが
そこから
刺激をしないということから
無という刺激が存在することがわかった

赤ちゃんの行動や
思春期の情動
そして大人としての僕の自分へのアクション

人が刺激を求めるのは
そういうことから
きているのかなと思った夜中のこと

夜中の無音という刺激は
恐怖にも似た不安から解放するための
自意識を確立するための
意識の抗いだったのだろうと思う


posted by unclejohn | 13:48 | | comments(2) | - |
ふと
好きになれるってすごいことだなーと
今更気づく。

posted by unclejohn | 19:24 | | comments(2) | - |
結婚します
先輩が。

大学のときの女子の先輩が、です。

この人とは、手紙のやりとりや電話で
いろんなことを話しました。

なんとなくこの人のよさを
わかっているつもりだったし
あちらも僕のよさをわかってくれて
付き合ってくれているのかなと思っていました。

お互い素直すぎるくらいの性格で
たまに話がかみあっていないときも
ありましたが、雰囲気があうというか
気張らず相手できる数少ない人でした。

そんな人が結婚すると報告をくれて
うれしかったです。

おめでとうございます。

ちゃんと式に呼んでもらえるよう
真面目に働こうと思います。

posted by unclejohn | 00:20 | | comments(0) | - |
誕生日
おめでとう!

大切な友らが誕生日を
先日迎えました。

これからもよろしくお願いしまする。
posted by unclejohn | 00:55 | | comments(0) | - |
斥力
近づけば遠ざかり
目を閉じれば光が差し込み
いつしか光は陰り

栄養を蓄えすぎたリンゴは
地面に叩き付けられ腐りはて

ぬるま湯に浸かり過ぎると
心地よく感じ
体温までもがゆるくなり

人に強く当たるのは
人に強く当たられたいからで
人に優しくするのは
人に優しくされたいからか

支配できない僕らをまたがる
この感触のない力に
僕は人生を転がされているよう
posted by unclejohn | 22:04 | | comments(2) | - |
人との付き合い方がちょっと変わってきたよう

小さいときの友達
大学の友達
東京にでてきてからの友達
今まで会った大人の人たち
仕事で出逢う人たち

対人関係って
潜在的に合う人
ノリが合う人
などなど
変わってくるんだなーと思う

あはは




posted by unclejohn | 00:12 | | comments(0) | - |
正直
わからない。

休みでほろ酔いになって
電話して

「変わるよね」と

いわれたらショックですね。
posted by unclejohn | 01:24 | | comments(0) | - |